総量規制後のクレジットカードの審査

以前(10年程前)は、1度に3種類のクレジットカードを審査に回すと、全て審査が通る、書類に一部不備があっても審査に通ることが多いという状況でした。
近年、総量規制(年収の3分の1までの借入)ができてから、審査がさらに厳格になったと感じます。
国内の信販関係のクレジットカードは、信用情報機関を近年複数閲覧して、審査の判断をしており、私の感覚ですが、以前は、10人申請して可決が9人、否決が1人くらいの確率でした。
しかし現在は、10人申請して可決が6名、否決が4名というくらいの厳しい確率となっています。
クレジットカードの審査に落ちたら、落ちた情報が信用情報機関に登録されるので、約半年は新たに申し込んでも申し込んだ先が、過去の落ちた情報を確認して否決とする場合が多い為、落ちたら期間をあけて再申し込みするべきです。
ただ外資系のクレジットカードもしくは、航空関係、ガソリンスタンド関係、消費者金融関係のクレジットは、上記の限りでは無いと聞いてことがありますが、真意はわかりません。

審査の内容はどこの会社もだいたいは同じのようです。
安定、継続的な収入があるか、他社からの借り入れ、返済能力があるか、正確な居住所となっています。
それをスコアリングして通過ラインに達しているのかコンピューターでやっていきます。
収入が多い事に越したことはありませんが、収入が多くても審査に通過できない事もあるのです。
それは勤続年数です。今収入が高くてもすぐ仕事を変えてしまうかもしれない、継続的な収入が見込めないと判断されて審査に落ちてしまうのです。
収入は低くても勤続年数が長いと仕事はやめない、安定的な収入があると判断されます。
例えそれが正社員ではなくアルバイトでもパートの方でも、そう判断されてクレジットカードの審査に通過できる事もあるのです。
なので収入が低いから、アルバイトだからとクレジットカードを諦めていた方。
ぜひ審査を受けてみるべきです。
>>>ブラックの人でも作れるクレジットカードはこれ!

私もクレジットカードを所有していますが、主なカードの使い方はショッピングです。
最初はカードなんて怖いし使うのなんて問題外。と思っていましたが、実際服を買いに行くと食事をしたりカフェでお茶したりとすべて現金で支払っているとそれだけで手持ちの現金がなくなってしまいます。
なのでその都度また銀行へお金をおろしに行っていると手間も時間もかかり嫌になってきました。

それから服や嗜好品のみカード払いにしました。
そうすることで手持ちの現金も減るペースが遅くなり、銀行へ行く手間が無くなって楽になりました。
後から来る負担は大きい痛手にはなりますが、それだけ贅沢したのだと割り切って、頑張って働いたり他で節約するようになりました。
普段の買い物や公共料金などをカードで払っていればポイントも貯まりやすくなって、ポイントを商品券などに交換しお得になります。
現金だとポイントは貯まりませんからね。

その他の難点があるとしたら、カード会社が沢山あってやたら会員を迫られたり、何かとクレジット付きだったり。
会社ごとで競っているのはわかるのですが、消費者からすれば政党にしろ、カードにしろ、選ぶのが少ない方が楽で良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です